Wild bird in iwaki トウネン       L15cm

Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS

  最新情報 支部活動 行事案内 入会案内

トウネンの名前の由来を「日本鳥名由来辞典」で見てみると、江戸時代から、”とうねご”、”とうねごしぎ”、”とうねぎしぎ”などと言われていたようです。シギ類の中で一番小さいことから、当年生まれの子と言う意味でつけられたトウネンは、ほぼスズメほどの大きさですから、イメージ出来ると思います。
(写真  川俣浩文)





2019年 春の撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文




2017年 春の撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文
 2017年の春は、渡り途中で田んぼに降りたシギやチドリで賑わっていました。その中にスズメ大のトウネン夏羽個体の姿も見られ、久しぶりに夏羽個体を撮ることが出来ました。



2015~2016年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文
 1~2枚目のフラッグ付きトウネンは、2015年9月6日に沼の内海岸で撮影したものですが、後日、撮影場所や緯度・経度、それに写真を添えてを山階鳥類研究所にメールで連絡したところ、2015年9月5日に宮城県の鳥の海にて標識放鳥された個体との回答が届きました。





確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 

Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved 
注意;画像には著作権が埋め込まれています