Wild bird in iwaki メダイチドリ    L19.5cm

Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS

  最新情報 支部活動 行事案内 入会案内

メダイチドリも市内の砂浜ではお馴染みの鳥です。秋に見かけることが多く、砂浜や短い草の陰に砂に似た保護色の背中を低くして身をかくしていることから、中々見つけるのに苦労しますが、夏羽は後頸から胸にかけて鮮やかなオレンジ色であることから、すぐ見つけられます。
(写真  吉田正明  川俣浩文)




2017年 春の撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文
 2017年の春、大規模ほ場整備が終わった田んぼには、メダイチドリの夏羽個体がたくさん入っていました。




 【類似種識別画像】
【メダイチドリとオオメダイチドリの識別ポイント】
嘴と脚の長さ、また胸の白と橙(夏羽の場合)の境に明瞭な黒い線が見えるか見えないか等で識別するのですが、比較画像(どちらも幼鳥)をご覧いただいて嘴の長さがに違いがあるのが分かるでしょうか。オオメダイチドリの嘴は、明らかに長く見えると思います。




確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 

Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved 
注意;画像には著作権が埋め込まれています