Wild bird in iwaki  バン    L32.5cm

Highslide JS Highslide JS Highslide JS

  最新情報 支部活動 行事案内 入会案内

クイナの仲間であるバンは、かつては市内を流れる小さな河川のヨシが茂る環境で繁殖していました。しかし、河川の汚れや改修工事などの影響で、その姿も殆ど見られなくなり、最近では減反により湿田化した水草やヨシが茂る場所などに生息域を移しており、滅多に見ることの出来ない鳥になってしまいました。
(写真  川俣浩文)


2013年の撮影画像
Highslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JS
Highslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JS
Highslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JS
Highslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JSHighslide JS
撮影者 川俣浩文

2013年はバンの子育てを見るチャンスに恵まれました。驚いたことに、最初の子育てが終わると、いわゆる2番子の子育てに入ったのです。しかし、この場所も2014年には埋め立てが始まり、繁殖地を失ってしまいました。福島県レッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されているバンですが、生息環境には厳しい現実が待ち受けているようです。



確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 

Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved 
注意;画像には著作権が埋め込まれています