Wild bird in iwaki  ミミカイツブリ     L33cm

Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS

  最新情報 支部活動 行事案内 入会案内

ミミカイツブリもハジロカイツブリ同様に波の穏やかな沿岸部や河口、および漁港で見られる海鳥ですが、ハジロカイツブリほどの遭遇機会はありませんし、ましてや夏羽となると中々見られる機会はありません。夏羽と冬羽の比較画像の中で色々書いていますが、書き漏れた夏羽の特徴としてミミカイツブリの首は茶褐色なのに対して、ハジロカイツブリは黒いことでも識別は可能です。
(写真  吉田正明  川俣浩文  蛭田 衞)


類似種
ハジロカイツブリ リンク

ミミカイツブリとハジロカイツブリの夏羽比較 
【ハジロカイツブリ(左)とミミカイツブリ(右)の夏羽識別ポイント】・・・ 比較画像  川俣浩文  蛭田 衞
ハジロカイツブリ=写真左の嘴は、嘴の合わせ目を見ても分かるように上に反っています。一方、ミミカイツブリ=写真右は、直線的に見えます。また、目の後ろ側に見える金色の飾り羽にも違いがあり、広範囲に広がって見えるハジロカイツブリに比べてミミカイツブリは、直線的に見え、その境界もハッキリしています
 ミミカイツブリとハジロカイツブリの冬羽比較 
 
 【ハジロカイツブリ(左)とミミカイツブリ(右)の冬羽識別ポイント】・・・ 比較画像  川俣浩文  吉田正明
ハジロカイツブリ=写真左の嘴は、嘴の合わせ目を見ても分かるように上に反っています。一方、ミミカイツブリ=写真右は、直線的に見えます。また、頭部の黒と顔の白の境界でも識別可能です。境界がハッキリしないハジロカイツブリと、ハッキリしているミミカイツブリでは明確な違いがあります。また、ハジロカイツブリには無い特徴の一つとして、ミミカイツブリの下嘴基部から目先まで赤い皮膚が裸出しているのがハッキリと見えます。




2020年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者 川俣浩文



冬羽画像 2016年撮影
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者 川俣浩文




夏羽画像 2014年撮影
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者 川俣浩文







確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 

Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved 
注意;画像には著作権が埋め込まれています