Wild bird in iwaki  トモエガモ      L40cm

Highslide JS Highslide JS Highslide JS

  最新情報 支部活動 行事案内 入会案内


顔が巴(ともえ)の模様であることから名づけられたトモエガモは、市内おける確認記録もそれほど多くはありません。本来は大きな群れを作るのですが、市内での確認は1羽ないし2羽程度ものであり、河川や池で確認されています。変わったところでは、夏井川渓谷のオシドリの群れの中に、1羽のメスが居たこともありました。
(写真  川俣浩文)



2019年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
 撮影者 川俣浩文

 ※2019年1月6日から2月6日までの滞在で、♂5羽♀2羽を確認。



2018年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
 撮影者 川俣浩文

 ※2017年12月28日から2018年1月31日までの滞在で、♂13羽と♀数羽を確認。





確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 

Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved 
注意;画像には著作権が埋め込まれています