Wild bird in Iwaki マガン     L72cm

最新情報 支部活動 行事案内 入会案内


宮城県の伊豆沼・内沼・蕪栗沼は、毎年、数万羽のマガンが飛来する国内最大の越冬地になっています。市内でもほぼ毎年のように数羽の飛来が確認されており、2008年と2012年にはそれぞれ25羽と20羽の大きな群れも確認されています。竿(さお)になり、鉤(かぎ)になりと言わるように、その編隊飛行は実に見事の一言です。
(写真 川俣浩文)

飛翔画像 リンク
動   画 リンク





2017〜2018年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文





2016年撮影画像
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
Highslide JS Highslide JS Highslide JS Highslide JS
撮影者  川俣浩文

 2016年の秋はマガンの飛来が多く見られ、平の藤間周辺の田んぼを中心に、10月9日、12日、14日、24日、26〜27日、11月4日〜12月7日、他には南部の鮫川でも幼鳥1羽が確認されました。




確認状況 Occurrence
 1月 2月  3月  4月 5月  6月  7月 8月  9月  10月  11月  12月
                 


Since 2011.06.01 copy right(C) 日本野鳥の会いわき支部 All Rights Reserved
注意;画像には著作権が埋め込まれています